「未来都市の創造」についての講義

「未来都市の創造」についての講義

地域デザイン科学部の1年生講義『地域デザイン序論C』で、 ”未来都市の創造”と題して講義を行いました。 講義の概要 講義では、都市における交通の必要性・重要性を説明するとともに、 実際の都市では、どんなことが考えられているか、宇都宮市の 『ネットワーク型コンパクトシティ』、『交通未来都市「うつのみや」』を説明しました。 また、簡単なアンケートとグループワークを実施しました。 ここでは、講義中に実施したアンケート結果と、未来都市の創造に向けた 学生の皆さんが考える意見などをご紹介いたします。 アンケート結果 簡単な任意のアンケートを実施した結果、107名が回答してくれました。 『ネットワーク型コンパクトシティ』の認知度 『ネットワーク型コンパクトシティ』については、25.2%が 『知っている』、『聞いたことがある』と回答してくれました。 まだまだ『ネットワーク型コンパクトシティ』は認知が低いという結果となりました。 ~結果~ 知っている((12.1%、グラフ:青色) 聞いたことがある(13.1%、グラフ:オレンジ) 知らない(74.8%、グラフ:灰色) 『交通未来都市「うつのみや」』の認知度 『交通未来都市「うつのみや」』については、15.0%が 『知っている』、『聞いたことがある』と回答してくれました。 10月半ばに示された内容ですが、知っている学生さんもいました。 ~結果~ 知っている((4.7%、グラフ:青色) 聞いたことがある(10.3%、グラフ:オレンジ) 知らない(85%、グラフ:灰色) 日常最も良く使う移動手段 多くの学生は、自転車が主たる交通手段と回答してくれました。 ~結果~ 鉄道(9.3%、グラフ:青色) バス(1.9%、グラフ:オレンジ) 自家用車(6.5%、グラフ:黄色) 自転車(79.4%、グラフ:水色) 徒歩(2.8%、グラフ:赤色) グループワークの結果 グループ(3学科混成で25グループ)ワークでは、 ①「交通未来都市うつのみや」の実現に向けて,公共交通をもっと利用しやすくするアイデアや,公共交通の充実とあわせて取り組んだら良いと思うアイデア ②市民の皆さんに交通未来都市「うつのみや」を分かりやすく伝えるためには、どんなことがイメージができると良いか ③若い人に情報を伝えるために活用したら良い広報手段 の3つについて議論してもらいました。 公共交通に対するアイデア 公共交通に対する意見をまとめると、 ・ICカードの導入 ・乗り換え情報をわかりやすくするアプリ(既存は使いづらいとの意見も) ・運賃や乗り換え案内、バスロケ ・学割制度の導入 ・バスについては定時性やバス停環境の改善 ・乗れば乗るほど得する制度の導入 ・目的地への乗り換えをわかりやすく などの、現状での不満や、今後のバスとLRTとの連携についての意見がありました。 身近な移動手段である自転車について、 ・歩道を広げる ・自転車道のネットワーク化 などの、自転車走行環境の改善についての意見がありました。 […]