修士論文

2017年度

  1. 加納 壮貴:自転車通行空間における自転車走行実態からみた安全性確保に関する研究
  2. 松本 隼宜:バス路線沿線の高齢者を対象としたモビリティ・マネジメントの効果分析

2016年度

  1. 近藤 雄太:出張・業務目的来訪者の消費行動の特製~北関東3都市をケーススタディとして~
  2. 田部井優也:大規模小売店舗における交通アセスメント手法に関する研究

2015年度

  1. 山本 大貴:集約型都市におけるパーソナルモビリティ導入効果に関する研究
  2. 小金 将輝:LRT導入に伴うトランジットセンター整備が交通需要に与える影響に関する研究
  3. 森 千鶴:LRT導入計画における拡張現実を用いた市民PRに関する研究
  4. 浅野 周平:個人の店舗選択行動を考慮した買物アクセシビリティ評価手法の開発と適用

2014年度

  1. 井上 恭介:地域特性を考慮した地域公共交通の導入手法に関する研究
  2. 生 将大:水道利用状況データを活用した戸建て空き家戸数の予測モデル構築に関する研究
  3. 大竹 秀樹:地域公共交通との接続と遅れの変化がLRT需要に与える影響に関する研究

2013年度

  1. 宮田野乃香:集約型都市の交通安全施策の可視化に関する研究
  2. 大武 博史:交通機関が将来人口と都市財政に与える影響に関する研究
  3. 津國 翔太:LRT沿線の商業型TODにおける交通円滑化に関する研究

2012年度

  1. 金子貴誉史:持続可能性から見た都市のコンパクト化の評価に関する研究
  2. 高野 穂泉:違反履歴に着目した効果的な交通取締りに関する研究
  3. 水本 斉:財政面からみた地方都市の持続性に関する研究

2011年度

  1. 塩井恵理子:交通分野のブランド・メッセージを利用した市民の意識変容に関する研究
  2. 浅香 俊郎:交通安全生に着目した集約型都市構造の有効性に関する研究
  3. 内田 清香:CG動画を用いたネットワーク型コンパクトシティにおける情報提供の効果に関する研究
  4. 柳沼 良輔:東京都市圏における鉄道利便性が移住地選択行動に及ぼす影響に関する研究
  5. 鈴木 一将:LRT導入による沿線の土地利用変化に関する研究

2010年度

  1. NGUYEN VAN NHAM:コンパクトシティにおける交通事故減少に関する研究
  2. 高妻由香里:低密度な都市における地域特性を考慮した公共交通携帯のあり方に関する研究
  3. 佐藤 晃:財政面及び環境面に着目した都市のコンパクト化の有効性に関する研究
  4. 渡邊 寛也:地域ブランド戦略の推進が居住以降に与える影響に関する研究

2009年度

  1. 横溝 恭一:MM実施による行動変容の経年変化に関する研究
  2. 吉儀 和恭:LRT導入におけるTODの交通空間及び環境空間の評価に関する研究
  3. 松田 隆太:宇都宮市LRT計画におけるイメージ動画提示と市民意識変容に関する研究
  4. 早川 大介:公共交通便利地域における交通手段選択に関する一考察
  5. 斎藤 未希:CG動画を用いた低炭素都市イメージの可視化に関する研究

 

以下編集中…