卒業論文

2017年度

  1. 須田 愛美:地方都市における地域愛着と都市施設整備の関係性に関する研究
  2. 高草木 祥:子育て支援施設の利用実態とLRT利用意向に関する研究-宇都宮市都心部をケーススタディとして-
  3. 高橋 優樹:歩行者・自転車共存空間としての商店街における歩行者の交通快適性に関する研究
  4. 村上 宏紀:移動の正の効用と理想の移動に関する研究-自動運転技術と瞬間移動装置に着目して-
  5. 小林 直樹:地方都市郊外居住者の外出行動と地域愛着に関する研究
  6. 川向 雄太:宇都宮市のコンパクトシティ実現による貨物車の輸送距離の変化に関する研究

2016年度

  1. 岡安 理香:子ども乗せ自転車の利用環境改善に着目した態度・行動変容に関する研究
  2. 川崎 尚紘:歩行者・自転車共存空間における自転車利用実態の基礎的研究
  3. 斎藤 輝:大規模商業施設中心型商店街地区における端末物流実態及び地区特性の把握
  4. 菅野 健:学生の余暇活動と生活の質に関する研究
  5. 渡邊 浩大:LRT導入時の接触事故防止を目的とした3DVRの開発に関する研究

2015年度

  1. 飯嶋 茂樹:地方都市における食料品の買物行動の実態分析
  2. 海野 稜一:移動制約者を含めた多様な属性を有する個人の移動の正の効用に関する研究
  3. 加納 壮貴:受動赤外線型自動観測器を用いた歩行者交通量の変動に関する分析
  4. 松本 隼宜:新規バス路線利用促進のための健康意識に働きかけるモビリティ・マネジメントの効果分析
  5. 村田 啓:中心市街地の魅力に愛着と利便性が与える影響 -宇都宮市中心市街地を対象として-
  6. 森本 瑛士:若者の地域定着に余暇活動が与える影響

2014年度

  1. 近藤 雄太:ライフスタイルの決定要因が居住地・勤務地選択意向に及ぼす影響に関する研究
  2. 田部井 優也:軌道系交通導入後の電停利用客による道路横断を考慮した交通流に関する研究

2013年度

  1. 浅野 周平:電気自動車を用いたカーシェアリングシステムの開発に関する研究
  2. 遠藤 奨:交通取締りと事故に関する体系的研究
  3. 小金 将輝:宇都宮市における将来のLRT利用者推計
  4. 小島 直大:栃木県における観光二次交通の充実に向けた情報提供に関する研究
  5. 佐々木 歩:空き家の発生状況と市街地整備に関する研究
  6. 森 千鶴:宇都宮におけるLRT利用の市民PRに関する研究
  7. 山本 大貴:地方都市の集約化における自動車需要に関する研究

2012年度

  1. 邊見 莉紗:LRT導入に関わる情報提供がサイレント層に及ぼす影響に関する研究
  2. 生 将大:空き家発生メカニズムからみた市街地縮退に関する研究
  3. 福田 圭佑:宇都宮市における自転車レーンの安全性に関する研究

 

…以下編集中